Paul Kjaerholmポール・ケアホルム

1929年デンマーク・コペンハーゲンに生まれる。 若い時からその才能を発揮し、鬼才といわれた。家具職人の修行を経て、コペンハーゲン美術工芸学校で家具デザインを学び、この頃ウェグナーのもとで働きはじめる。 1952年フリッツ・ハンセン社に入社、その間に重要なチェアのプロトタイプを数多くデザインしています。翌年退社し55年頃からE・コルド・クリステンセン社の協力のもと、PK11やPK22など数々の名作を生み出した。

その協力は1980年にケアホルムが51歳の若さで亡くなるまで続く。 その多くは現在フリッツ・ハンセン社から復刻されている。 同世代のデザイナーと異なり眷属を素材に多用し、繊細で鋭いディールと厳格なプロポーションと線の処理は他の追随を許さない。 彼の作品の特徴は、知性的で気高く、時代を超えた新鮮さを伴って美しい芸術作品の領域に達するもので、世界中の美術館で収蔵されていることからもその価値が実証される。

Paul Kjaerholmのラウンジチェア一覧