嫁入り家具日記  和に溶け込む空色タマゴ

お嫁入り家具日記です。

 

今回のお嫁入りは、かつて、デンマークにある「SASロイヤルホテル(Radisson Blu Royal Hotel)」

Room 606に使用されていたというものと同じお色目のエッグチェア。

Boで大切に育んできたチェアの一つです。

 

SASロイヤルホテル606カラー エッグチェア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sさんご夫妻は、2008年にデンマークへご旅行に行かれた際に宿泊されたHILTONホテルで、

以前から関心をよせていたエッグチェアが目にとまったそうです。

そのエッグチェアは、丁度サッカーワールドカップの開催で、選手たちが背もたれの部分にサインを入れた貴重なもの。

さらに、革のエッグチェアでくつろがれた経験の出会いもあり、いつか・・・と思っていたものが、

今回のお嫁入りのタイミングとなったのでした。

 

 

SASロイヤルホテル606カラー エッグチェア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 以下、ちょっぴり、おちゃめな自称、里山管理人さんのメッセージです。
 
 
 仕事から帰ってまず、外から窓越しにそーっと拝見!

「ようこそ」

ん、いいわねー。

そして、食後にじっくり座りました。

おとなしくって、でしゃばらず(お色の話)・・・でも存在感充分なお子。

座って自分の声が反響して、包まれてる感が大です。

そして、試してみました。

もし、オットマンが無かったらと・・・。

やはりあると無いとでは3倍以上違ったことでしょう。

 

SASロイヤルホテル606カラー エッグチェア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めは、「オットマンがなくても」とのお話でしたが、おすすめしてよかったと実感しました。

 

エッグチェアに座り

Duevelのスピーカーからながれる音楽を聴いたり

縁側からの梅や桜が満開のお庭を眺めたり

そんな幸せのひとときを一緒に感じることができ、私たちも幸せな気持ちとなりました。

S様ありがとうございました。